社員教育・研修事業

新入社員研修

1、基礎研修
仕事の進め方、ビジネスルール、マナー、伸びる人の仕事術など、成長志向の人材の基礎を創る研修です。

2、フォローアップ研修
入社6ヶ月もしくは1年の自分の軌跡を振り返り、何ができて何ができていないのか? 現在の問題点は? 今後の課題は何か? など社会人としての自分自身を振り返り今後の対応策を明確にしていく研修です。

OJT担当者研修

新入社員を育てるには教育担当者任せではうまくいきません。
OJTを担当する方に、OJTの意味や担当者に必要とされるスキルアップの為のトレーニングを実施する必要があります。
この研修を受講する事で、担当者自身も育っていきます。

キャリア開発研修

社内外環境変化に柔軟に対応し、組織貢献しながら自己成長を図れる人材を育成する事が目的です。キャリアビジョンを作ることが目的ではなく、キャリアビジョン設定・キャリアプランニングを通して社員のモチベーションアップを図っていきます。

管理職研修

1、人事考課者研修
人事考課制度があっても考課者自身の考課能力と面談能力を身につけなければ、人材育成型の考課制度はうまく機能しません。事例研究を通しての評価トレーニングやロールプレイングを通してフィードバック面談のスキルを磨きます。

2、部下育成研修
管理職の役割の一つに業務を通じて一人一人の部下を育成し、成果を出させていくことがあります。業務は問題解決の連続です。部下の問題解決を支援するために必要なスキルを身に付けることが大切です。

営業『新入社員』研修

社会人となり、会社の代表として名刺を持ちながら外務勤務(外回り)をする上で必要とされるビジネスマナーや心構え、具体的なビジネスシーンでの対応等を学びます。そして早期にひとり立ちできるようにします。
営業部門の会社における役割や営業のはたす任務、更には営業技術の早期習得が、会社の成果に大きく関ってくることを学んでいきます。
  営業部門に限らず、何ごとも最初が肝心です。新人営業マンに求められるマナーやマインド、業務の効率化のための報・連・相(ホーレンソウ)の意義等を、スキルアップとロールプレイングで習得していきます。

営業『中堅社員』研修

中堅社員の中には、バリバリ成果を上げている人、長期にわたって営業成績が低迷している人、様々におられます。相乗効果を期待して売上アップを求めるなら、スキルの習得のみならず、お互いの長所・短所を理解し、周りに対する影響を自覚しながら、主体的に動ける環境を作ることです。そして、その差を理解するところから始まります。現況を出来るだけ正確に判断し、そこにある問題点は何なのか、その問題点に対しての対応策は何か、グループとしてディスカッションすることにより、気づきが生まれます。
  問題発見からその解決までのプロセスや必要とされるスキルの習得、更には後輩社員の指導育成の為に欠かせない、考え方ややる気を引き出す方法等を学んでいきます。

メンタルヘルス(心の健康)研修

優れた企業の条件の一つに「社員を大切に扱う」ということが挙げられます。社員のストレスの増大は社員の生産性低下を招き、ひいては会社にとっての損失につながります。逆にメンタルヘルスケアを行い社員のストレスが少なく「心」が健康であることで仕事の正確性や効率が上昇します。当研修では一般社員、管理職それぞれの立場に合ったメンタルヘルスを実施していきます。
  1、一般社員向け
自身のこころの健康チェックからストレスの対処法まで実践を通じて学んでいきます。

2、管理職向け
自身のこころの健康チェックから部下への対応まで実践を通じて学んでいきます。